2015.06.22 鉄道

4色のホームドア?!金沢駅の新幹線ホームが粋な演出を!

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北陸新幹線のホームドアに隠された秘密?!

今年の3月に北陸新幹線が開通し、都心から富山や金沢が一気に近くなりました。

車体の色合いも落ち着いててカッコイイですよね?!

しかも、先に新青森までデビューした『はやぶさ』ことE5系に導入されたグランクラスまで!

とは言え、個人的にはノーマルのグリーン車の方が座席の色など含め好きです。

ちなみに、天皇陛下が乗られたのは、グランクラスではなくグリーンでした。

やった!陛下もグリーンの方が好きなんだ!
・・・ってなわけはなく、基本的に先頭車両には乗らないことになってるそうです。

安全対策上ですかねぇ?

 

そんな新しい北陸新幹線は、当然ホームドアが完備されています。

中でも、金沢駅のホームドアは凄く粋な演出をしてるのをご存知ですか?

今のところ終着駅になっている金沢駅は、4番ホームまであり、ホームドアはそれぞれ違った4色を使っています。

なぜ統一しないのかなぁ?と思っていたら、そこにはちゃんとしたコンセプトがありました!

そう、伝統的な加賀友禅の『加賀五彩』をあしらっているのです!

なるほど、、、あれ?
4つのホームドアに5色だと、1色あまりますよね?

そうなんです、ココが憎い演出なのです!

ホームドアに使われているのは、5色のうち『臙脂』『黄土』『草』『古代紫』の4色です。

そこに、屋根に『藍』をあしらった北陸新幹線がホームに入線して、五彩すべて揃うわけです!

いやはや、恐れ入りました。

 

 

新幹線など想像もしてなかった10年前の金沢

たまには金沢にも行きたいなぁと思い過去の写真を振り返ってみたら、もう最後に金沢に行ってから10年が経ってました・・・。((;゚Д゚)); ガクブル

なぜ10年前に行ったかと言いますと、金沢駅がリニューアルし、21世紀美術館が完成したから!

なので、大学時代(建築科)の友人と必殺『18きっぷ』で行ったのです。

gate

まずはお約束の正面の写真をば。

このゲートは『鼓門』と、奥のガラス張り空間は『もてなしドーム』と、それぞれ名称があるそうです。

しかし!

建築学科を出た我々が気になるのは、やはりデティール。

God is in the details.

10

1時間くらいは駅にいたと思います。

その後、兼六園~金沢城~東茶屋街~主計町と一通り周り、メインの21世紀美術館に向かいました。

設計は、世界でも活躍してる妹島和世&西沢立衛&のユニット『SANAA』によるものです。

美術展というより、美術館そのものを見に行った感じですね。

21

夜も更け、東京にいる日常と同じように居酒屋で飲み食いし、そのまま駅に戻りました。

実は、あの表玄関の『鼓門』の下で野宿させていただいたのです。

たぶん、今だったら最終の新幹線で東京に戻ったかもしれませんが、当時は開通しておらず、そもそも旅の途中だったので、こうして夏の夜風を布団にして始発を待ちました。

明くる日、自分は新潟方面へ、友人は京都方面へ、別々の旅路が始まりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄道関連記事

鉄道関連記事をすべて見る