2015.10.25 病気

若者男子の精子異常急増!無精子症も!あなたの精子は大丈夫?

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「21歳男子60人のうち58人が精子異常」

「精子異常・無精子症」 原因はカップ麺やハンバーガーの添加物に!というネットのニュースを見ましたか?

 

不妊は女性の病気のように思われがちですが、当然半分のは男性が原因です。

また、10人にひとりが不妊症に悩むと言われています。

若い世代の無精子症・精子異常の急増も影響しているかもしれません。

 

結婚して1年、なかなか子供に恵まれないと悩んでいるあなた、専門医に相談すべきです。

あなたが不妊の原因かもしれません。

自分の精子の検査したことがありますか?

残念ながら目で見てわかると言うものではありません。

 

しかし自分が原因だったとわかると、女性より男性の方がショックが大きいような気がします。

不妊治療は進歩しています。

一方でまだわからないことも多くあり、そのリスクを理解し判断するのはあなたです。

 

「男」として、医者に行く前の心の準備として、基本的なことをまとめてみましたので参考にしてください。

専門的な説明がネットには多く載っていますが、なかなか分かりにくいのでおおまかにわかるようにまとめてみました。

他の病気との関係、保険の適応など詳しくは専門の医師に相談してください。

内容はこのようになっています。

■ 乏精子症とは?
■ 精子無力症とは?
■ 精子不動症とは?
■ 無精子症とは?
■ その治療法とは?

reproduction-150566_640

無精子症?男性の不妊症とは

自然妊娠しにくい男性側の理由として、精子の数が少ないあるいは無い、精子が動かないの2つの理由があります。

精液1ccあたり精子6000万~8000万個以上、運動している精子の割合が70%以上が自然妊娠しやすい目安と言われています。

いずれにしても、受精が成功するためにはある程度の数が必要です。

同時に、子宮に向けて移動する必要があるのでよく運動する精子でなくてはなりません。

 

精子の数が少ない場合:乏精子症

1ccあたり精子5000万程度と精子の数が少ないと乏精子症です。

まずは、ビタミン剤や漢方などの非ホルモン剤で精子の数が増えるかどうか様子をみて、その後ホルモン剤などでの治療を行います。

それでも効果がない場合は症状に応じて次の対応をとります。

軽度の場合は、精子を遠心分離機で濃縮して、女性の子宮内に直接注入する人工授精の治療を行います

中度の場合(100万個~1000万個)は、卵子と精子を取り出して体外で受精させ女性の体内に戻す体外受精の治療を行います。

重度の場合(100万個以下)は、専門医師が精子を選びだし、細いスポイトのようなもので卵子に注入し授精させる顕微授精の治療を行います。

 

精子の運動率が低下している:
精子無力症・精子不動症

精子の数があっても、運動能力が低下していては自然妊娠することは困難になります。

正常な場合は70~80%の精子が活発に運動しています。

軽度の場合(50%程度)は、濃縮したり科学的に処理することでかなり改善されるようです。

中度の場合(20~40%)は体外受精や顕微授精で治療することになります。

重度の場合(10%以下)も体外受精や顕微授精で治療することになります。

また、精子不動症の場合は、精子が生きていて動かない場合(精子の鞭毛に問題がある)と死んでいて動かない場合があります。生きていて動かない場合は顕微授精の対象となるようです。

 

無精子症にも二種類

精液に精子がない無精子症と診断された場合にも二つの可能性があります。

作られた精子がうまく精液に送られていない場合(閉塞性無精子症)と精子自体がうまく作られていない場合(非閉塞性無精子症)です。

 

閉塞性無精子症の場合

閉塞性の場合は、管が詰まっていて通らないのど同じなので、外科的に精子を回収することができます。

陰嚢を切開する外科的精巣上体精子回収法(MESA)と針で精子を取る経皮的精巣上体精子回収法(PESA)です。

 

非閉塞性無精子症の場合

精巣自体の問題で精子が作られていない症状です。

無精子症の80%は非閉塞性無精子症と言われています。

以前は切開して精子を探す施術をしていましたが、ダメージが大きいようです。

現在は顕微鏡で見ながら精子が居そうな場所を探して組織をつまみ出して、中から精子を探す治療(顕微鏡下精巣内精子採取術(MD-TESE))が主流のようです。
精子が見つかれば顕微授精を行います。

精子が見つからなくても、精子のもとの細胞(後期精子細胞)で顕微授精をすることもできるようです。

Sperm-egg

最新の不妊治療の詳細については

電子書籍(PDF)『未婚率から見るこれからの家族と日本』を

今だけ無料プレゼント!申し込みはこちらから▽

 

無精子症ということではないが・・
動いている精子も良い精子とは限らないらしい

不妊治療では、動いている精子を良い精子として顕微授精を行ってきましたが、実は動いているから良い精子ではないとも言われ始めています

実際、顕微授精をした場合、自然妊娠に比べて先天異常の割合が高いという論文が学会等に出されているようです。

今までの治療は、精液中の精子の多くが正常であることが前提でした。

しかし、精子異常が増え、たとえ活発に動いていても質の良い精子と限らないことがわかり、精子の質の問題を解決するべく研究がされています。

 

他の体の細胞はDAN修復の機能があるのに、精子にはその機能がありません。

そのため、自然妊娠では、多くの精子の中で始めに卵子に到達することにより、精子の選別が行われています。

また、卵子と受精した場合、精子のDNA異常があっても受精の際に卵子側でDNA修復されるといわれています。

 

体外受精の場合、培養液の中でどの程度卵子の修復機能が働くは不明だそうです。

また顕微授精の場合、精子の選別は専門家が人為的に行い、さらに受精の際の卵子による修復ステップが省かれてしまします。

そのため、高度な精子分離技術がある病院やできるだけ顕微授精リスクを減らす病院もあるので、一般的な体外受精以上の治療を行う場合は、複数の医師に相談し意見を聞く(セカンドオピニオン)ことも重要です。

 

無精子症などの男性の不妊症は味覚と関連している?

アメリカでは味覚と男性生殖に関係があるという研究がされています。

「甘さ」「うまみ」がわからない男性は、精子の奇形や数が少なくなるようです。

あなたは大丈夫ですか?

 

無精子症など男性の不妊治療も助成の対処に

平成27年4月より、体外受精等の特定不妊治療の一環として行う男性の不妊治療が助成の対象となりました。

一方で、平成26年から特定不妊治療の助成の一部が縮小されています。

不妊治療も助成の対象となる回数が、最大10回から6回に減らされてしまいました。

また、43歳以上の女性に対する支援もなくなってしまいました。

もっと若い人に限られた予算を充てるためと役所は説明しています。

※2016年春に初回の助成金のみ30万円に増額される見込みです。

 

しかし、新国立競技場には予算の倍以上の1000億円以上も割り当てていました。

結局年寄の政策は票にもなるので予算をつけるけれど、若い人の政策は票にならないので予算を充てることをしないのではないでしょうか?

まだ若いから大丈夫と思っているうちに、さらに予算が減らされ、年齢制限や回数制限が厳しくなっていくことも考えられます。


電子書籍(PDF)『未婚率から見るこれからの家族と日本』〜 子どもが欲しいなら知っておくべき新常識 〜』今だけ無料プレゼントいたします!

★未婚率上昇・晩婚化・少子化問題と支援・助成の問題点・最新の不妊治療などの詳細情報が欲しい方は今すぐ!!★

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

※ ACTIONなう!は個人情報を厳重に扱います。上記フォームの入力で、利用規約とプライバシーポリシーに合意したとみなされ、メルマガ配信が行われます。メルマガはいつでも任意で配信解除が可能です。

病気関連記事

病気関連記事をすべて見る