2015.07.14 不妊治療

子宝温泉・子宝の湯は本当に効果があるのか調べてみた!

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉好きで、大学時代よく仲間と連れ立って全国の温泉を巡っていました。

当時は、気にしていなかったのですが、「子宝温泉」「子宝の湯」というのが全国に本当に多いことに気づきました。

そこで

☑ なぜ子宝の湯が多いのか
☑ 本当に効果があるのか
☑ おすすめの子宝温泉、3つの露天風呂
☑ 昔、温泉で子宝に恵まれた別の理由

について調べてまとめてみました。

800px-Ganiba_Onsen_02

雪の温泉

 

なぜ子宝の湯、子宝温泉が多いのか?

「子宝の湯」、「子宝温泉」で検索すると多くの温泉が出てきます。

「こごめの湯」も同じような意味合いで、「子込め」や「子産め」にかけてあります。

 

温泉は切り傷などの外傷だけでなく、胃腸の病気を治すなどの効用がかなり昔から知られていました。海外では温泉は飲むことが多いようです。

動物が傷をいやしていることを見た人が発見したとの言い伝えの温泉も多くあります。

長野県の鹿教温泉(かけゆ)も、神様が鹿に姿を変え、信心深い猟師に教えたとの伝説からのネーミングです。

 

温泉の不思議な力により、古来から信仰の対象となり、「温泉神社」と言われるものが日本各地に作られることになりました。

昔から広く知られている多くの温泉は、それぞれに由来があるのですが、日本の国土を造った神である大国主(オオクニヌシ)とその協力者である少彦名神(スクナビコナ)が見つけたと伝えられるものが多いようです。

 

温泉の神様としてまつられるている大国主は多くの女神との間に子供をもうけた(180人)との神話が残されています。

そのため、縁結びの神とされ、男女の縁結びから子宝に恵まれる温泉として連想されているのが背景のようです。

 

子宝温泉は本当に効果があるのか?

温泉に子宝に恵まれる直接的な効果があるかは、科学的に明快に検証されているわけではないようです。

温泉に入ると皮膚の調子は確実によくなるし、体調がよくなったり、気持ちがよくなるのは事実なので、確かになんらかの効用はあると思われます。

 

実際、温泉の効能を見ていると、結局何にでも効くような気さえしてきますが、昔は今と違い、湯治として数日間温泉温泉に来ていました。

そのため、女性は特に、

・体を温めることで体調が整えられること

・湯治の生活で規則正しい生活になりホルモンバランスが整えられること

・生活環境や気分が変わること

などの複合的な影響があって、健康を取り戻して子宝に恵まれることがあったのではないでしょうか。

 

一般に長時間入ることのできる、ぬる目のお湯や体を温める効果が長続きする温泉が、子宝の湯と言われることが多いようです。

 

実際に温泉の効能として、例えばラジウム温泉は、生殖器も含めた細胞の活性化に効果があるといわれています。
また、雑菌、皮膚病、粘膜系の症状などに効果がある場合、妊娠の助けになっているとも考えられます。

 

とにかく、効果があると思う気持ちやリラックスした環境が子宝に恵まれる機会を増やすことには違いはありません。

ぜひ夫婦で温泉を楽しんでみてはどうでしょう。

きっと効果があるはずです。

 

ただし、妊娠初期や末期に悪影響もある場合もあるので注意してください。

 

最新の不妊症・治療・公的助成については

電子書籍(PDF)『未婚率から見るこれからの家族と日本』も!

今だけ無料プレゼント!申し込みはこちらから▽

 

おすすめの子宝温泉、3つの混浴露天

夫婦二人の時間を温泉でも楽しむために、私も訪れたことのあるとっておきの混浴の露天風呂3つをご紹介します。

 

ロイターの選出する世界10大温泉のひとつ宝川温泉

450px-Takaragawa_Onsen_01

宝川温泉

 

宝川温泉は、谷川岳のふもと群馬県の水上温泉郷にあります。

今は外国人観光客に何故か有名になっていて、知名度はむしろ外国で高いのではないでしょうか?

ロイター社が選ぶ世界10大温泉に日本で唯一選ばれています。

 

日本一の200畳じきの写真のような露天風呂があることが有名です。

清流宝川の脇に広がる大きな露天風呂は、その名も「子宝の湯」(露天風呂)。

 

もちろん混浴なので夫婦で入ることもできます。
女性には湯あみ着のレンタルがありますし、もちろん女性専用の「麻耶の湯」もあります。

日帰りもできますが汪泉閣という旅館でゆっくり過ごすのもおすすめです。

 

新緑・秋のもみじ・雪景色どれをとっても素晴らしい、気軽に楽しめる秘湯です。

最近は本当に外国人が多いようですが・・・

 

これぞ秘湯 二股ラジウム温泉

800px-二股ラヂウム温泉露天風呂P6190057

二股ラジウム温泉

北海道の函館本線の長万部(おしゃまんべ)駅から山に入った二股ラジウム温泉は、秘湯のラジウム温泉として非常に有名です。

一時、消費者金融の広告の隅に載っていたので首都圏の人でも、名前を聞いたことがある人も多いはずです。

 

クマが温泉に入っているのを地元のアイヌの人たちが見つけたいわれるだけに、本当に山の中にあります。

野趣あふれる「秘湯」と呼びのにふさわしい温泉です。

決しておしゃれではありませんが、夫婦で秘湯に行くなど、なかなかよいかもしれません。

 

温泉街を楽しむおしゃれ温泉 黒川温泉

黒川・湯布院温泉032

黒川温泉

秘湯系ではなくもっとおしゃれな温泉も取り上げておきます。

伊香保温泉や城崎温泉、銀山温泉などいかにも昔ながらの温泉街ですが、新しいイメージのもっとおしゃれな温泉街も人気を集めています。

そのはしりが、黒川温泉、そして湯布院などです。

 

特に黒川温泉は、女性の視点に重きを置いていて、温泉街のそぞろ歩きやお買い物、湯めぐりなどが楽しめます

露天温泉巡りの入湯手形(1300円)を買うと黒川温泉街の3つの温泉に入ることもできます。

多くの旅館もホテルライクでありつつ、混浴の大きなお風呂もあり、夕食も大変おしゃれなものが出てきます。

九州旅行もかねて、夫婦で浴衣姿の温泉巡りに出かけてみてどうでしょうか?

 

 

江戸時代は子宝温泉・子宝の湯で本当に子宝に恵まれていたかも!

江戸時代は銭湯に三助という職業があったのを知っていますか?

今では落語に出てくる程度ですが、銭湯の湯を沸かす釜焚、湯加減の調整、垢すり・髪すき客へのサービス(流し)の三つの業務(助)をする人でした。

 

当時、女性(湯女)による性的なサービスが広まり、男性の三助が一般的になったと言われています。

初期の銭湯は混浴の場合も多く、そのご男湯・女湯に分かれてからも三助(男性)が女湯でのサービスを行っていました。

 

もちろん子宝の湯と言われるところにも三助がおり、子供を授かるために湯治に来ている女性のお客さんからリクエストがあれば、交渉によってはそれ以上のサービスが行われていたため、子宝に恵まれることにもなったと言われています。

当時の三助は若くてよい男も多かったとか・・・。

 

日本は古来は性に関する倫理感が今とは異なり開放的でした。

また、「嫁して三年子なきは去る」(結婚して3年たっても子供ができなければ離縁できる)と言われるほど、跡取りが社会的に求められたこともあり、とにかく子宝に恵まれることが、まずは重要だったのではないでしょうか。

 

最新の不妊症・治療・公的助成については

電子書籍(PDF)『未婚率から見るこれからの家族と日本』も!

今だけ無料プレゼント!申し込みはこちらから▽

 

本気で子宝を授かりたいのなら温泉だけでなくやっぱり本格的な治療を!

子宝の湯を巡ってみる効果は様々にあるかと思います。

でも妊娠に適している期間は思ったより短いものです。

6組に1組が不妊に悩んでいるとも言われていますので、もし子宝に恵まれないのなら、早目にお医者さんに相談することも大切です。


 

電子書籍(PDF)『未婚率から見るこれからの家族と日本』〜 子どもが欲しいなら知っておくべき新常識 〜』今だけ無料プレゼントいたします!

★未婚率上昇・晩婚化・少子化問題と支援・助成の問題点・最新の不妊治療などの詳細情報が欲しい方は今すぐ!!★

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

※ ACTIONなう!は個人情報を厳重に扱います。上記フォームの入力で、利用規約とプライバシーポリシーに合意したとみなされ、メルマガ配信が行われます。メルマガはいつでも任意で配信解除が可能です。

不妊治療関連記事

不妊治療関連記事をすべて見る