2015.06.05 鉄道

駅のホーム上に「青い光」?!目撃情報多数、一体何が!

8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム上には「青い光」、環境映像も流される

とある駅のホームに差し込む青い光、駅構内に設置された大型液晶画面に映し出される癒しの映像など、インターネット上でも話題になっています。

青々としたホームに違和感を抱く人、滝や森などの美しい風景やかわいい動物などが映し出された環境映像が流され、「何でこんなものが」と不思議がる人、などなど、駅の「違和感」に関する投稿が相次いでいます。

 

JR新小岩駅の一風変わった改良(?)策

以前の記事でも取り上げましたが、2011年以降、JR新小岩駅では人身事故が頻繁に起きています。

人身事故に頭を痛めていた鉄道各社は、京急電鉄の弘明寺駅(横浜市)でホームの端の照明の色を変えところ自殺件数が減ったということをきっかけに、特殊な照明を駅ホームへ設置する動きを進めていました。

そこで、JR新小岩駅では他の駅ではなかなか見かけないような、一風変わった対策を行っているのです。

このように、駅のホームに青い光が入るよう屋根に工夫が施され、ホーム上に点々と青い光が差し込んでいます。

さらに、駅構内の2か所に大型の液晶画面が3つ並んで置かれており、

滝や森などの美しい風景や、犬や猫といったかわいい動物の映像が絶え間なく映し出されて、癒しを与えています。

実は青色は人間の精神を穏やかにする効果があるとされていて、ある研究によると「駅ホームにおける青色灯の設置後に鉄道自殺者数が平均して約84%下落することが分かった」と発表されているそうです。

なかには、こんな写真を投稿している人もいました。

このように、青い光の正体は「自殺」防止対策の一つだったわけですね。

これらの対策は、自殺の多発に苦慮する新小岩駅独自のもののようで、今もツイッターには青々としたホームに違和感を抱く人の投稿が相次いでいるようです。

 

【追記】2015年3月24日、JR東日本は総武快速線・新小岩駅においてホームドアを設置する準備を進めていると発表しました。

JR東日本・プレスリリース「総武快速線新小岩駅へのホームドア導入の検討について」

利用者の安心・安全のためにも、ホームドア設置の動きが加速されるといいですね。

 

※希望日本研究所 第8研究室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄道関連記事

鉄道関連記事をすべて見る