2015.05.15 スタッフブログ

日比谷公園の噴水に癒やされてみた

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年5月14日、関東各地で30度を超える真夏日を記録しました。

そんな中、ふと通りかかった日比谷公園の噴水がめちゃ涼しそうだったので、

しばらくの間、この場を離れられませんでしたー

DSC_2231

日比谷公園には6つの噴水があるようですが、
今日行ったのはそのうちの一つ、かもめの広場です。

この広場は、昭和59年東京地方裁判所分室の跡地であった部分を国から借り受け、全国都道府県の木を記念に植樹し、東京都の鳥であるユリカモメを模したカモメの噴水を設置した広場です。
(公益財団法人 東京都公園協会サイトより)

この噴水の真中に、「鷗」というモニュメントがありました。

この像は1986年に淀井敏夫さんという兵庫県朝来市生まれの彫刻家の作です。

DSC_2225

「うかぶ雲、海鳥たちの訪れ、時の流れを告げる古い貝殻」
がテーマだそうです。

写真では小さくてよくわからないかもしれませんが、
この像にスズメが3~4羽止まって涼しげに水浴びしていましたよ。

超~かわいかったです!!

スマホで撮ったのでちゃんとしたカメラがあればよかったです、残念。。

今度暑い日にカメラ持って、また行こうかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ一覧

関連記事

関連記事をすべて見る