2015.05.14 スタッフブログ

白ワイン力で鍛える!

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

GW中、ナパバレーで美味しい白ワインを飲みました。

今日は、少し白ワインについて豆知識です。

 

葡萄の木は人類よりも古くからこの地球に自生していたと言われています。

人類が存在したのが200万年前、ワインの原料である葡萄は6000万年前に存在していたということが化石で確認されています。

ワインとしては、紀元前8000年頃から飲まれていたらしい。

すでにアルメニアでは、約6000年前の世界最古のワイン醸造所跡が発見され、醸造技術も確立されていました。

エジプトのピラミッドの壁画にもワイン造りの様子が描かれています。

そして、紀元前2000年頃にはこんな記述も。

「ウトナピシュティム(旧約聖書のノア)は 船大工たちに牛や羊を殺して与え、葡萄ジュース、(赤葡萄)酒、油、白葡萄酒を飲ませて、方舟をつくらせた」
(古代バビロニアの英雄詩“ギルガメッシュ叙事詩”より)

紀元前2000年には赤ワインと白ワインが存在し、人類は両方飲んでいたということになります。

その製法の違いは、

赤ワインの場合は、果皮や果肉の混ざったままの状態で醗酵させる。白ワインの場合は、圧搾機にかけて果汁を搾り出した(搾汁)後、果汁のみを醗酵させる。ただし、一部の白ワインではスキンコンタクト法と言い「破砕した果実と果汁を1~24時間接触させた後に搾汁する」方法も取られる。このように、白ワインは醗酵させる前に果皮や果肉は捨てられるのが一般的である

(Wikipedia:ワイン)

 

白ワインの4つの効用について

何千年の歴史をもつワイン。

古代人はワインのもつ効能を知っていて飲んでいたのでしょうか。

赤ワインは葡萄の皮に含まれているポリフェノールの成分でアンチエージングの効果があり、サプリ等も販売され、TVや雑誌でも騒がれました。

では白ワインはどうでしょうか?

現代でわかっている主に白ワインの4つの効能です。

  1. 新陳代謝向上:カリウムの含量が多く利尿作用があるとこから、体の新陳代謝が良くなる。
  2. 殺菌力:大腸菌、サルモネラ菌に対する殺菌力がある。
  3. 骨粗しょう症予防:カリウム、マグネシウムが含まれ骨粗しょう症予防に効果的
  4. 大腸がん防止:有機酸含有量が多く腸内のPHが下がり、悪玉菌を殺す。善玉菌は残るので腸内バランスがよくなる。

 

wine-glass-818113-m

 

白ワインの葡萄品種

白ワインの葡萄品種は白葡萄ですが、その種類は多い。

主な種類をリストしてみました。

  • シャルドネ:フランス ブルゴーニュ地方原産
  • ソーヴィニヨン•ブラン:主にフランス ボルドー、ロワール地方で栽培されている品種
  • セミヨン:フランス ボルドー地用で栽培されている
  • ミュスカデ:フランス ロワール川下流地域で栽培されている
  • ヴァイオニエ:フランス コートデュ•ローヌ地方北部原産
  • ピノ•グリ(ピノ•グリージョ):もともとピノ•ノワールの突然変異から生まれたイタリア産とフランス産の個性の違いが味にでている
  • リースリング:ドイツを代表する白葡萄品種
  • マカベオ:主にスペイン北部で栽培され、カヴァにも使用されている
  • バロミノ:スペイン南部アンダルシア地方原産
  • フルミント:主にハンガリーにあるトカイ地方で栽培されている
  • 甲州:山梨県を中心に栽培され、1300年の歴史をもつ日本の伝統葡萄。
  • マスカット•オブ•アレキサンドラ:世界各地で栽培されているミュスカの一種

こうしてみるとたくさんありますね。

grapevine-and-grapes_385-19321081

果実味や酸味のバリエーションが豊富さが特徴の白ワイン。

特に冷やした白ワインが美味しい季節になりました!

種類にもよりますが、だいたい10度位を目安に冷やすといいと言われていますがその日の体調や食事、室温によっても変わってきます。

でも、自分が美味しいと思う温度が一番です。

ちょっと長かったけれど。。。

では、また。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事をすべて見る