2015.09.10 wifi

日本の公衆無線LANは本当にダメ?コンビニで使える無料Wi-Fiを試してみた

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訪日外国人用の無料Wi-Fiアプリを試してみた『Japan Connected-free Wi-Fi』

日本は欧米の先進国に比べて公衆無線LANの整備が遅れているなぁ…
と言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

ということで、訪日外国人向けのアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」をiPhone5で使ってみました。

3-1

App Storeで検索して、アプリを発見!
訪日外国人向けとなっていますが、日本人の私もダウンロードできました。
どっかの「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」とは違(ry

空港や駅だけでなく、大手コンビニなど様々な場所で使えそうですね。
では早速アプリを起動してみましょう。

3-2

まぁ登録は必要ですよね・・・
早く完全フリーになることを期待しながら、必要事項をサクサクっと入力して登録完了!

では、これを携えて街に繰り出します。

 

さっそく街中の無料Wi-Fiスポットで接続実験

簡単に登録を完了できたので、いざアプリの中を見てみましょう。

ということで、早速アプリを起動するために近所の大手コンビニへ!
入口の脇にステッカーが貼ってありました。

3-3

いざ店内に入って自動接続するのを待つも、音沙汰なし・・・

しかたなくWi-Fiの設定画面を見てみたら、それらしきSSIDを発見!

3-4

ちょっと手間ではありますが、無事に接続できたっぽいです。

それではもう1度アプリを起動してみましょう。

3-5

おっ!これで完全に使えるようになりました!

試しにメールチェックしてみたら、問題なく送受信できました。

 

この無料Wi-Fiサービスって矛盾してない?

ただ一点、疑問が残っています。
それは、このサービスを使える店舗や箇所を地図で探せるSearch機能です。

今いる場所でネットがつながらないとき、近くのWi-Fiスポットを探そう!というのが一般的な実例だと思うのですが、このSearch機能自体が、基本的にインターネットに接続しないと機能しないのです!!

SSID一覧のページもありますが、これはちょっと実用的ではありませんね。

3-6

まぁ、ザックリと駅やコンビニで使えることを覚えておけば、ひとまず用は足りそうです。

それ以外のエリアでスポットを見つけるには、まずそれを探すためにWi-Fiをキャッチしなければならないという、何だか不思議なスパイラルに陥ってしまいます。

 

主要エリアのWi-Fiスポットはオフラインでも検索可能

とはいえ、さすがにこんな状態でサービスがリリースされるわけありませんよね?!
ということで、アプリ内を徘徊してみたら、オフラインマップというメニューを見つけました。

東京駅や秋葉原など、主要な場所や観光地はデータが内蔵されており、ネットに接続しなくても付近の無料Wi-Fiスポットを確認することができます。

3-7

他の主要エリアに関しても、ネットに接続したタイミングでダウンロードしておけば、出先でWi-Fiに接続する機会がなくても近くの無料Wi-Fiスポットを確認することができます。

では、あえてWi-Fiをオフにして新宿エリアをオフラインマップで見てみましょう。

3-8

外国人向けのアプリということだけあって、英語表示になっています。
赤いマークのWi-Fiスポットをタップすると、駅や飲食店などの名称とSSIDが表示されます。

さらにその他の細かなスポットに関しては、一旦これら主要エリアのWi-Fiを使ってオンラインでチェックすればOK!
・・・ということですかね。

 

外国人観光客による日本の無料Wi-Fiスポットの評価は?!

そもそも、こういったアプリが存在するようなWi-Fi環境の現状に満足しているようでは、IT大国(ですよね?)の名が泣きます。

街中でネットに便利なのは有り難い反面、やはり一切の煩わしさ手間を省いた完全フリーWi-Fiを期待したいところですね。

特に外国人観光客の中には、他の国でのWi-Fi環境を経験している人も多いでしょうし、それと比べられたら日本の遅れはかなり目立つ気がします。

640302resize

 

 

希望日本研究所 第5研究室

wifi関連記事

wifi関連記事をすべて見る