2015.05.01 スタッフブログ

蕎麦とショパンと島耕作

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のランチは西新橋にある「港屋」肉そば

特に看板もなく、明り取り程度のスリット窓が絶妙な高さで設けられているだけで、蕎麦屋とは思えないシックでオシャンティな外観です。

昼休みの時間を前後ズラして行っても、行列は避けれません。
Google先生が通った時もご覧の通り!

 

外観も外観なら、内装も凄い!

薄暗い照明の中で、中央の巨大な水盤を囲む立ち食いスタイルはシュール!
でも、この水盤がなかったら、もっと多くの人が(ry

 

そしてこの店は、客の目と鼻と舌だけでなく、も疎かにはしません!

店内ではチョピン、、、じゃない、ショパンが流れており、サラリーマンはポロポロとピアノを聞きながらズルズルと蕎麦を食べます。

ちなみに今日は、入店直後に子犬がワルツを踊り出し、そばを食べ始める頃に革命が起きました!

なお、蕎麦とショパンの食べ合わせについては、各自お確かめくださいませ。

辻井△!!!
彼が首を振りながら弾く姿が何とも言えず好きなんすよねぇ。

ぉ゛わっ!!観てるだけで左手つってきた!!!

 

ちなみに、課長だか部長だか役職はわかりませんが、あの島耕作も常連だったとか?!

 

ネタバレ防止のため、蕎麦の写真も店内の写真も控えます!
さり気ない看板(表札)とさり気ないメニューだけ置いておきますね。

ボナペティ~♪

640239minatoya

関連記事

関連記事をすべて見る