2015.05.25 wifi

無料Wi-Fiスポットは完全フリーになるか?公衆無線LANに期待!

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完全フリーで公衆無線LANを利用できる時代は到来するか?!

カフェや駅など、公衆無線LANのサービスのおかげで、外出先でインターネットに接続できる機会が増えてきています。

しかし、そんなの関係ねぇ!という方が大半ではないでしょうか?

おそらく多くの人は、各キャリアの回線(4G/LTE)を契約してインターネットを利用しているため、そこまで公衆無線LANの恩恵を感じられてはいないかもしれません。

line-449127_640

それはそれで不自由ではないでしょうけど、その代償として、携帯会社や通信会社に安くはない通信費を毎月払っているからに過ぎないのです。

サービスの対価として料金が発生するのは当然!
しかし、これがもし無料で使えることになったら、嬉しくありませんか?
月額たった数千円でも、年額だと数万円にもなり、決して少額ではありません。

 

あちこちにWi-Fiスポットが!しかし無料かどうかは・・・

有り難いことに、無料Wi-Fiを提供している店舗が増えてきています。

店側がサービスの一環としてルーターを設置してくれているからなのですが、その他にも、各携帯会社によるWi-Fi使えます」のような案内やステッカーを店内で見かけたことはありませんか?

640239sb

有料サービスであり、かつ事前契約が必要な場合もあります。
しかし、その額は安く(月額数百円)、またスポットも数多く点在するため、利用する価値はあるでしょう。

こうして、公衆無線LANを上手に利用することで、容量の制限も気にせず、かつ通信費の節約にもなります。

 

無料Wi-Fiスポットが邪魔者に?!

こうして店内で無料Wi-Fiを使わせてもらえるのは、各々の店舗や施設がサービスの一環として屋内に向けて電波を飛ばしてくれているおかげです。

しかし、ピッタシ室内だけに範囲を設定することは不可能であり、その電波は外壁などで完全に遮断されることはなく屋外に漏れ出てしまいます。

店に入らずとも軒先でWi-Fiに接続できてラッキー!と思う人も中にはいるでしょう。笑
実はこれ、意外に問題になっているのが、半ば自動的に行われてしまう通信の切り替わりです。 

212376wifi

 

電波が勝手に切り替わる?!漏れ出る公衆無線LAN

多くの人が各キャリアの4G回線などを契約してインターネットを利用していますが、街を歩いていて各Wi-Fiスポットから外に漏れた電波をスマホなどが検知してしまうと、キャリアの回線よりも無線LANの方を優先して自動接続してしまいます。

これが何を意味するかというと・・・

①固有の回線から公衆の回線に切り替わることで速度が遅くなったり接続に失敗したりしてしまう

②うまく切り替わったとしても瞬間的に接続が途切れてしまう

結果、サービスであるはずの公衆無線LANが、キャリアの回線を契約している人にとっては時として邪魔者になってしまうのです。

自動で切り替わってしまうのをスマホ上の設定で変更することも出来ますが、その都度に行うのは日常的に面倒ですよね・・・。

 

断続的な無料Wi-Fiスポットを【点】から【面】に!

1つ1つのWi-Fiスポットの範囲が狭く、それが飛び地のように断続的になっているのが問題です。

とは言え、電波の強さ範囲には物理的な限界があります。
これを解決するには、単純にスポットを増やして連続的にすることでしょうか。

街全体がWi-Fiスポット(点)ならぬWi-Fiエリア(面)になることを期待したいですね。
そう、雨粒が水たまりになるように。

ではここで一曲聞いていただきましょう!
Donald Fagenで「Walk Between Raindrops」です、どうぞ。

 

 

フリーWi-Fiはユニバーサルサービスとして成り立つか?!

公衆無線LANの整備が増強されるのは非常に有り難いことですが、まどろっこしい登録や思いのほか高い料金設定だと、一般ユーザーとしてはありがたみが半減してしまいます。

今やインターネットは生活必需であり、決して贅沢でも娯楽でもない!ですよね?

ということで、料金も無料!手続きも不要!の完全フリーWi-Fiが当たり前の社会になることを期待したいところです。

640302resize

 

希望日本研究所 第5研究室

wifi関連記事

wifi関連記事をすべて見る