2015.04.28 スタッフブログ

「街の風景」に「九相図」!?

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビの「日曜美術館」が好きで良く観ます。

先だっては画家・山口晃の特集をしていました。

 

山口画伯は「街の風景」を描く作家。

個展に向けて、子どものころの郷里の街並みを作品化する姿にスポットがあたっていました。

街並みの中に、なぜか「九相図」が織り込まれているのです。

 

「九相図」は、人間の死体が朽ち果てていく姿を、九段階に分けて描いた古典的な絵。

そのものはグロい、といえばいえるのですが、山口画伯のものは実にフランクに描かれています。

そのシーンから私は、星新一(古いですかね?)のSFの世界を思い出しました。

 

「街の風景」に「九相図」。

大都会の再開発現場にあっては困る気もしますが・・・。

 

ちなみに「九相図」に触発され、現代によみがえらせ、独自の画風を持つ女流画家がいます。

松井冬子。

ご存知ですか?

美貌の画家ですよ。

 

それではまた次回―。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ一覧

関連記事

関連記事をすべて見る