2016.02.24 おすすめ

Actionなう!ってどんなWebメディア?様々な使い方をご紹介!

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンルの幅が広すぎるActionなう!簡単にサイトの使い方をご紹介します

ようこそ『Actionなう!』へ!

このサイトは、

【わたしたちの小さな気付きや生活にかかわる問題を共に考えるメディア】

として、政治・経済・外交など日本が抱えている様々な問題や、身近な話題について発信していくサイトです。

こちらの記事を読まれているあなたも、何かお調べになって当サイト内の記事に辿り着いたかと思いますが、せっかくですので、『Actionなう!』を楽しんでいただけるよう、簡単にサイトの構成や使い方をお伝えしてまいります。

logo

 

トップページに掲載されている記事は何?

まずトップページをご覧いただくと、4つの記事が画面右からスクロールしているのが目立ちます。
スマホでご覧いただいている方は、画面を横にして見てみてください。

 

an1_re

 

こちらで発信している12の記事(4本×3)は、当事務局が一押ししているオススメの記事です。

不定期にキャンペーンのような特集を組みますので、閲覧していただくたびに内容が一新されてお楽しみいただけるかと思います。

その下にある4つの記事は、前日のアクセスランキングが上位の人気記事です。

 

an2_re

 

多くの方々に読まれている内容ですので、もし今までご興味のなかった話題でも、試しにお読みいただければ幸いです。

さらにその下にある8つの記事は、ジャンルに関係なく新着順になっています。

 

an3_re2

 

記事下の黒い「すべての記事を見る」をクリックすると、300以上ある全ての記事を新着順に見ていただくことができます。

とはいえ、一から順に追っていくのは大変ですよね!?

そこで、当サイトでは、ご興味・ご関心のある記事にすぐアクセスできるよう、カテゴリー分けしてあります。

 

見やすいカテゴリー分類と便利なキーワード検索

『Actionなう!』では、大きく5つのカテゴリーに記事を分類しています。

どのページのどこを読んでいても、ページ上部にメニューバーが固定表示されていることにお気づきでしょうか?(PCバージョンのみ)

 

menu

 

一番左のメガホンはトップページへ戻るリンクです。

例えばここでは『ライフ』を選択してみましょう。
すると、生活に関係する記事がピックアップされて出てきます。

この5つのカテゴリーはさらに細分化されており、ページ下部に羅列してあります。
ご興味・ご関心のある内容をお選びいただければ、その記事をまとめたページに飛ぶことができます。

また、カテゴリーを一通り見て読んでみたい記事が見つからなくても、試しに色々なキーワードで検索してみてください!

記事のタイトルだけでなく、記事の本文中の単語も検索で拾うことができますので、お求めの情報が見つかるかもしれません。

 

an4_re

 

では、実際にカテゴリーの中を1つ見てみましょう。

例えば左上の『杉原千畝』をクリックすると、杉原千畝氏に関して書かれた記事が一覧で出てきます。

 

sugi_re

 

順番に見るも良し!
惹かれたタイトルをクリックするも良し!

ご自身にあった読み方でお楽しみくださいませ。

 

eBookこと電子書籍も無料配布

ページ最下部にあるバナーは、電子書籍のお申し込みフォームになっています。

an5_re2

 

現在、4つの電子書籍を無料配布しています。
以下にもご紹介しますので、ぜひダウンロードしてお楽しみくださいませ。

☑  杉原千畝氏のすべてがわかる!『杉原千畝物語』
☑  偉大なる人道主義者『大日本帝国陸軍中将 樋口季一郎物語』
☑  これを読めば大丈夫!『マイナンバー対策ガイドブック』
☑  未婚率から見る『これからの家族と日本』

 

 

実際に記事を読んでみましょう

タイトルのすぐ下にSNSボタンが付いています。

もし記事をお読みになり、友人知人にも広めたいと思っていただけたら、ぜひお使いのSNSのボタンを押してシェアしてください!

sugikiji_re

 

ちなみに、その数の合計がタイトル右に黄色く表示される仕組みになっており、人気の記事は、何千とイイネやシェアされています。

また、Facebookでコメントを書いて下されば、ページ下部に反映されます。

感想やご意見など、お待ちしております!

fb_re

 

 

おまけ・・・ちょっとした遊び心

どのページも下にスクロールしていくと、右下に「ページトップへ戻る」という吹き出しが出現するのにお気づきですか?

こちらをクリックすると、文字通りページトップ(ページ最上部)に自動でスクロールされるのですが、その動きもこだわってみましたので、ぜひ右下のアイコンをクリックなりタップするなりしてみてください!

 

gtt

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ一覧

Actionなう!関連記事

Actionなう!関連記事をすべて見る