2015.04.09 有識者講演動画

パラオ・ペリリュー島の戦争 あの池間哲郎先生が動画解説

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凄惨なパラオ・ペリリュー島の戦争で日本軍は玉砕 池間哲郎先生が動画解説

 

300の島々からなるパラオにペリリュー島がある。はっとするぐらい美しい島。日本統治時代につくられた学校の校門がいまも使われている

日米の死闘が繰り広げられた。日本軍は1万人、対する米軍は4万7000人以上、加えて機関銃、火炎放射器、大砲、などを抱え、戦力差は段違い

日本軍は洞窟に穴を掘りゲリラ戦に持ち込んだ。アメリカは3日もあれば陥落できると思ったが、戦いは2カ月半も続けられた。日本は武器がない上に、食糧・飲み水もなくなった。抵抗むなしく最後は、凄惨な戦い、玉砕、全員が亡くなっている

と池間哲郎先生(アジア支援機構代表理事)が説明、第二次世界大戦の悲惨な歴史を振り返ります。

池間哲郎先生は、民間ベースでアジアなどへの支援を展開しているアジア支援機構代表で、親日パラオ現地で支援を具体的に進めています。

 

親日国パラオの人々と日本兵の逸話が残っている!

パラオ・ペリリュー島の戦争―。

池間哲郎先生は語ります。

パラオ人と日本兵は仲良かった。一緒に酒を飲み、歌を歌い、勉強をした

アメリカ軍が攻めてきた。パラオの男たちは、中川州男指揮官をたずねた。『自分たちも死ぬ覚悟はできている。日本兵と一緒に戦わせてくれ』。

すると日頃温厚な中川指揮官は大声でどなった、『誇り高き日本軍人がきさまらごとき現地人とともに戦えるか、ばかもん』と言った。パラオ人は、『あれだけ仲良かったが、本当はおれたちを差別している』と、悔しくてこぶしが震えた

中川指揮官はパラオの人びとを避難させるため船に乗り込ませた。桟橋に日本兵たちは誰一人見送りに来なかった。『やはり日本人はおれたちをバカにしていた』、さらに怒りが高まった

船が桟橋から離れた途端、砂浜に日本兵たちが出てきた。出ていけば船を降りる者もいるからと、隠れていたのだ

中川指揮官もおり『達者で暮らせよ』と叫び、ある日本兵は唱歌『われは海の子』を大声で歌った。みんな泣いていた。その瞬間、パラオ・ペリリュー島の人々は、理解した。『おれたちをきずつけないため、避難させるために、あえてあの言葉を使ったのだ』。島民もみんな号泣した。

結果的にパラオ人の死傷者はいなかった。日本兵は玉砕。戦後、パラオ人たちは、泣きながら日本兵の死体を埋葬した

同島の激戦にまつわる逸話を池間哲郎先生は紹介します。

米海軍提督もパラオ・ペリリュー島の戦争の日本兵をたたえる言葉を残しています

パラオ・ペリリュー島の戦争―。

3日間で済むと思われた戦いは、2カ月半にもなった―。
同島の戦いを主導したアメリカ海軍チェスター・ニミッツ提督は、日本兵をたたえる言葉を残しているようです。

諸国から訪れる旅人たちよ、この島を守るために、日本国人が、いかに勇敢な愛国心をもって戦い、そして玉砕したかを伝えられよ

同島ペリリュー神社の石碑にある言葉だそうです。

池間哲郎先生は

日本政府は戦後、慰霊施設をつくった。施設を守っているのはペリリュー島の人びと。掃除をして、ずーっと守り続けている。ありがたい

現地には戦争記念館があり、日本軍の銃・武器なども展示してある。いまは日米間に憎しみはない。施設を訪れて、戦争ほど残酷なものはない、改めて戦争はしてはいけないと、平和の大切さ身に染みて思う

と池間哲郎先生は述べ、日本人は改めてパラオ・ペリリュー島に思いを寄せるべきだと主張しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有識者講演動画関連記事

有識者講演動画関連記事をすべて見る