2016.03.11 北朝鮮

北朝鮮拉致問題とチュチェ思想 よど号ハイジャック犯の妻・八尾恵の告白本:有本恵子さんを誘拐しました

175
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チュチェ思想の支配、日本人拉致を実行したよど号ハイジャック犯の妻たち

よど号ハイジャック犯の元妻である八尾恵(敬称略)は「私が有本恵子さんを誘拐しました」 と、拉致の生々しい経緯やその狡猾な方法を書き、国内やヨーロッパで実行した日本人拉致工作作戦、チュチェ思想での支配、北朝鮮での洗脳、DVや強制結婚などを自著「謝罪します」の中で告白しました。

「謝罪します」は北朝鮮より帰国した八尾恵が日本で2002年6月に文藝春秋より出版しましたが、その出版や内容についてはあまり語られていません。

八尾恵は本書の中で、北朝鮮の金政権の教育目的は「代を継いで」組織のために革命活動をし続けるというものだと説明しています。つまり拉致され北朝鮮で出産した子どもや孫も組織のために捧げるという教育を革命学校で受けてきたと示しています。

八尾恵の子供たちも含め、よど号ハイジャック犯の子供たち20名は北朝鮮で革命教育を受け、成人し日本国籍を要求し、2009年には全員の帰国が完了し現在、国内に住んでいます。

毎年1回は北朝鮮に里帰りし、北朝鮮の経歴をひたすら隠し、日本で選挙に立候補している人もいます。

(参考記事:【北朝鮮で主体教育を受けたよど号ハイジャック犯の子孫が日本の選挙に立候補している事実 !】

この記事では、八尾恵の「謝罪します」の内容を紹介し、日本人拉致事件の中の今まで封印されていた闇の部分についてお伝えします。

「チュチェ思想」に染まり北朝鮮工作員になったきっかけは1本の映画と若い女性の勧誘から

「チュチェ思想」を信じ、金政権に対して狂信的に忠誠を誓っているのが北朝鮮工作員です。

八尾恵やよど号ハイジャック犯も、拉致された日本人も、北朝鮮で徹底的に洗脳され北朝鮮工作員として教育され新たな拉致工作の活動員として使われました。

北朝鮮による日本の民間人拉致の目的は、

  • 洗脳して北朝鮮工作員にさせる
  • 北朝鮮工作員が日本人に身分偽装するため(パスポート取得)
  • 日本人に成りすますための教育係にする
  • 北朝鮮にいる日本人と結婚させ子供を産ませる

 などです。

(参考記事:【なぜ北朝鮮は日本人を拉致したのか?その目的とは?「北朝鮮による日本人拉致問題」】【北朝鮮工作員証言による日本人拉致の目的とその方法とは?】

「チュチェ思想」とは、1950年代に金日成(キム・イルソン)によって確立された朝鮮労働党が支配する独裁的な政治思想でしたが、代が変わる度に時の独裁者により都合よく偏り、宗教思想として整備されました。

2012年に金正恩(キム・ジョンウン)は「金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)主義は、整合性ある思想体系であり、チュチェ(思想)の理論と手法であり、チュチェ時代を代表する偉大で革命的な思想である。金日成・金正日主義に従い、(金日成)主席および(金正日)将軍の思想と方向性を合致させて、我々は党建設と党活動を指揮し、我々の党の革命的な特性を強化し、革命を前進させ建設すべきである。」と第4回党代表者会で金正恩の政治思想の正当性を演説しました。

しかし、北朝鮮の「チュチェ思想」は北朝鮮内の革命教育としてのみ存在するわけではありません。

「チュチェ思想」の深い闇

日本には大きな全国的な組織「日本教職員チュチェ思想研究会全国連絡協議会」があり、数百名の構成員がいます。

この会は日教組(日本教職員組合)関係者が歴代会長職を務めており、会員にも、日本最大の教職員組合である日教組に所属する教職員もたくさんいます。

日本国内の子供達の教科書を作っている組織が、もしこの「チュチェ思想」を信じ深く関わっていれば、日本の教科書内容や教育方針にもその影響を与えてしまうのではないでしょうか。

産経新聞は「過去には彼らが学校の授業にて北朝鮮の歌を教えるなどの行為が『偏向教育』であるとして日本各地で問題化したこともあるなど、北朝鮮寄りの行動が目立つ団体である。」と報道しました。

八尾恵がチュチェ研の修善寺総会に参加した時、日本教職員チュチェ思想研究会の多くの若い日本人教師たちが参加し、また平壌のチュチェ思想塔のプレートにもその名(日本教職員チュチェ思想研究会)が刻まれていることを知ったと書いてあります。

八尾恵の本でも、北朝鮮の革命分子たちが、塾などの教師として親の知らないところで存在し、漠然とした考えしか持っていない若い世代や純粋な子供たちに忍び寄り、洗脳していると書かれています。

北朝鮮工作員は私たちの街の中に溶け込んで生活しているということは、横田めぐみさんに起きたような拉致は、現在でも日本全国どこででも起こり得たのではないでしょうか。

(参考記事:【北朝鮮拉致問題】東亜日報よる横田めぐみさんは北朝鮮の精神病院で殺害されたという報道、私たちは何をすべきか

Dprk_pyongyang_chuche_monument_05

チュチェ主体思想塔(平壌)作者: Michail Kapustin (2005年4月)

第2話に続く

▼▼▼▼▼

北朝鮮工作員が日本人女性を拉致したその目的は!?

八尾恵が「チュチェ思想」に染まり北朝鮮精鋭の工作員となっていったのは、身近なきっかけでした。

伊丹空港から香港・マカオを経由し、ついに北朝鮮へ。

そして北朝鮮のための人材獲得のためにヨーロッパで「日本人拉致活動」を開始し、北朝鮮工作員による日本人の拉致に関与しました。。。

 

(希望日本研究所 第7研究室)

北朝鮮関連記事

北朝鮮関連記事をすべて見る